通販で購入できるお位牌の種類や特徴

お位牌は、従来は葬儀社や仏具店から購入されており、高額となることが難点の1つとなっていました。しかし、現在においては通販を利用することで簡単に手軽に購入をすることができ、形からサイズ、戒名書体まで、様々な種類から選ぶことができます。通販でお位牌を購入するメリットは、何といっても価格の安さがあり、自宅に居ながらにして選ぶことができるために時間がかからないなど、手間も省くことができます。また、ショップでは、不明な点に関しては窓口等を設けることで対処している所も多く、初めての場合でも安心して利用することができます。購入をする場合には、事前に種類や特徴を把握した方がより利用しやすく、理由としては、品物が絞りやすくなる点があります。注意点としては宗派の確認があり、戒名、没年月日、俗名、享年に関しては控えておくことが必要です。

特徴と種類にはどのようなものがあるのか

お位牌の種類には、一般的なものとしては、黒塗り位牌、唐木位牌、モダン位牌の3つがあります。それぞれに特徴があり、まず、黒塗り位牌は、伝統的な形で生地全体を黒漆の仕上げとなります。金粉や金箔、蒔絵が施されることも多く、定番品として高い人気があります。唐木位牌は、仏壇の材料となる紫檀や黒檀、ケヤキなどで造られていることが特徴となります。非常に硬いために多少の衝撃で傷が付くことはなく、耐久性があり、落ち着いた雰囲気があります。モダン位牌は、ショップによっては家具調位牌として販売されていますが、特徴としては従来のデザインではない点があり、色合いも様々で、材料に関しても、紫檀や黒檀をはじめ、クルミなども使用されています。気になる点としては価格がありますが、ショップによっても異なり、1例を上げれば、黒塗り位牌で9,000円~120,000円程度、唐木位牌で10,000円~110,000円程度、モダン位牌で140,000円~53,000円程度となります。

購入で他に知っておきたいことについて

通販の利用では種類の他に、事前に知っておきたい内容としてサイズと文字入れがあります。まず、サイズに関しては、仏壇があれば仏壇に合わせて選ぶ必要があり、通常、3.0寸~6.0寸のものが使用されています。例を上げれば、ミニ仏壇やコンパクト仏壇、上置き仏壇では3.0寸か3.5寸サイズ、台付き仏壇や半間用仏壇では3.5寸、4.0寸、4.5寸、大型仏壇の場合には5.0寸、5.5寸、6.0寸のサイズが適しています。文字入れに関しては、機械彫り、手書き文字、手彫りの3種類があり、一般的には機械彫りと手書きが使用されています。それぞれに特徴があり、機械彫りは機械で画一的に彫刻されるために、全体的にきれいな仕上がりとなります。手書きは職人の温もりが感じられる点があり、金粉が用いられるために長年色あせることもありません。手彫りは非常に数が少なく、通常、寺院用位牌などで利用されています。